2017/05/20土

今宵の宿は温泉番付で東の横綱と称される鳴子温泉( ̄▽ ̄)b
五つの温泉地からなり、日本にある11の泉質のうち9つがこの鳴子温泉にあるってんだから温泉ファンからしたら脳汁もんの湯めのような温泉郷

北海道で例えるなら札幌からのアクセスもよい登別温泉くらいな場所にあり、近くにある虎杖浜温泉、カルルス温泉に加えて十勝川温泉や濁川温泉があるって感じかな?(笑)

そんな数ある温泉宿の中から今回妹がチョイスしてくれた宿は、地元客からの評価も高いとゆう老舗の鳴子ホテル

イメージ 1



イメージ 2



古いのが難点らしいんだけど。。

イメージ 3



と、心配してたみたいだけど俺的には超綺麗系なんですけど。。(笑)

イメージ 4



こちらが妹家族が泊まるスタンダードな部屋

イメージ 5



うちらにはリニューアルしたばかりの和洋室を用意してくれていてこちらは禁煙部屋( ̄ー ̄)

イメージ 6



イメージ 15



景色はあまり望めんが窓を開けると真下に源泉塔があり、ほのかな硫黄臭も漂い温泉ファンにはある意味絶景ともいえる部屋ww

イメージ 7



食事時間までは各自自由とゆうことにし、うちらは温泉街を散策。
坂の途中に建ちフロントが五階とゆう変わった作りの鳴子ホテルなんだが、一階の裏口から温泉街にでれますよ~!とのことでエレベーターで一階へ降り温泉街へ

下駄をカランコロン鳴らしながら歩きたかったんだが。。ジャイアント馬場なみのデカ足に鼻緒が合うはずもなく(^_^;)ちょっと履いてみたが竹馬に乗ってるかのような歩きずらさに三歩で断念(爆)

イメージ 11



先ず目に飛び込んできたのが足湯。。足を癒すには程遠い激熱ぶり(笑)

イメージ 8



手湯だけにし観光協会のある鳴子温泉駅で情報収集

イメージ 9



駅前にも足湯があり、こちらはちょっとぬるめの適温♪(本来は熱いらしい)

イメージ 10



町の中、あちこちにこけし
珍しいジャージ以外の道産子おやじ。
とはいえジャージに近いベルトのいらないイージーパンツなだけなんだがw

イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14



今回泊まるホテルには数千体のこけしがあるそうで、鳴子温泉全体では一体いくつのこけしがあるんだろうか?


二つある共同浴場のうちの一つ、早稲田桟橋湯。綺麗そうな佇まいたが、ここが温泉とはなかなかわからないな~

イメージ 24




温泉街はほのかな硫黄臭とともに、古きよき昭和の雰囲気がプンプンでレトロファンにもたまらない( ̄▽ ̄)b

イメージ 16



イメージ 17



イメージ 18



イメージ 19



手湯や足湯もあちこちにあるみたい

イメージ 20



イメージ 21



イメージ 22



お湯があればとりあえず触りたい温泉好きな相方。。そんな相方でも悶絶の熱湯!検閲が入り全ぼかしに(笑)

イメージ 23