懐古録~道産子おやじの旅切符F

北海道の温泉&美味しいものを探しに出かけた旅の記録(=^ェ^=) 画像及び記事の引用等は許可不要で自由に使ってもらってOK牧場

2012年10月

♨️民宿「赤富士荘」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

22日の旅日記
苫小牧ホッキ祭りからの続編(* ̄∇ ̄)ノ


21日…快晴のアヨロ海岸にて激ウマ海鮮BBQを堪能した「ユキヒロ&ちな」さんと道産子ペア。。

が、二時間以上浜風にさらされ、気付けば身体も冷え冷えに。。(^_^;)


このままでは風邪ひいちまうな( ̄0 ̄;
…なんて心配は全く不要!此処は虎杖浜温泉郷、
そこら中に温泉があるのだ(* ̄∇ ̄)ノ


で、向かった先は…
アヨロ海岸からほど近い
民宿「赤富士荘」
13時半入湯~、湯銭300円

浴室は2つあるが、男女別の分け方はなく
開いてる方を「男湯」「女湯」の札をひっくり返して利用する仕組みだそう(^.^)

どっちとも開いてるから、ご夫婦でどうぞ~
とのおばちゃんの勧めもありそれぞれ別の浴室に。。


鍵も掛けれて
貸切利用、家族風呂としての利用もOKで湯銭300円…や、安い!!(o゜◇゜)ゝ


内湯のみの浴室
湯船が二層に分けられた仕組みで
高温湯から仕切りを隔てて、ぬる湯に

その浴感。。。驚きのツルツル感(@ ̄□ ̄@;)!!
肌に伝わるヌルり感もあり、もの凄い湯に!!
湯口からは微硫化水素臭も。。

お湯はPH8.6の食塩泉で、源泉掛け流し
虎杖浜にありがちな湯だけど、このお湯の凄さは一体なんなんだ(;゜0゜)


更に奥には何やら怪しげな空間が?
お湯の入っない浴槽に。。ゴミ屋敷風な感じ(笑)

うーん…これで湯が張ってあれば完璧な癒し空間なんだが(-_-)惜しい(爆)


湯上がり休憩処がまたすんばらしい空間(* ̄∇ ̄)ノ昭和な頭に被るドライヤー的なモノに
現役レトロゲームに何故かマヨと醤油まで。。
そして広がるカンカイの香り。。完璧だ(笑)


湯上がり後は暫し
昭和的な空間で温泉グルメ談義等で盛り上がり
次なる土地に移動するのであったo( ̄ー ̄)○☆


良いお湯でした~♪
満足!!

スイス料理「アルポン」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

ちゃんとした風呂に浸かった後は飯、飯~♪

コンビニも無い道を延々と走る…当然横の人は車内で荒れ狂う訳で。。f(^_^;)


で、いつもの「金太郎」に吸い込まれる所だったが、相方が検診が近いからどうのこうのゆうので、、
スイス料理の店
「アルポン」に激腹ヘリでおじゃま~


でっかいわんこをヨイショと乗り越え着席だ!

お姉さんの丁寧なメニューの説明を最後まできっちり聞くのが、
ここの流儀かと…(笑)

どれも喰いたくなるが、
俺は何時もの
スペアリブのサービスランチ!
今回はコンソメかクリームスープを選べるようで
肉厚キャベツをとろっとろに煮込んだクリームスープをチョイス♪


相方はパスタとかも旨そうなのあるのに、高い料理を選びやがる(・・;)
魚が喰いたかったらしく
時鮭のクリームソースを

おまけに食前にクランベリージュースまで。。
俺には好物の美味しい水を…と(爆)


ぬるいスープが出てくる店が多い中、此所のスープはあっつあつで旨し!
あまーいキャベツの味が活かされた極旨クリームスープだ♪

スペアリブの旨さは何度も記事にしてるので割愛(笑)喰い終わった皿には骨が一本コロリと…
ソースも全て旨し!!!


時鮭は厚切りでふわっふわの切身!
皮まで平らげ此方の皿の上も何も残らず(* ̄ー ̄)


わんこと戯れに行ったついでに注文して来たらしい…栗のモンブラン
って自分の分だけですか( ̄▽ ̄;)(爆)


入店してから、たっぷり3時間経過(笑)
たまにはこんなのんびりな飯も良いな~


今年の営業は12月上旬位までと言っていた「アルポン」♪
また来年のお楽しみだ!
美味しくいただきました~ごちそうさん♪


朝からパンチのある湯に浸かりまくったせいか
湯中り気味に…が、
アルポンでゆっくりしたおかげで元気に回復
○(゜ο゜)o


良い湯にさんざん浸かったので、もう温泉はいいやと高速に乗り札幌へ…


フラりと家を出てきた割に楽しみ過ぎた、1泊2日のふらり旅!
大満足♪ヽ(´▽`)/

♨️見市温泉

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

14日…早朝から湯遊びすること3連チャン!
十分満足( ̄▽ ̄)=3

そろそろ全身浴でサッパリして
湯上りに旨いモンでも♪


とゆうことで向かった先は「見市川温泉」
9時半入湯~、湯銭500円

開湯100年以上の古き良き湯宿だ(* ̄∇ ̄)ノ
とはいえ、
リニューアルしてるので館内は綺麗で清潔♪


先ずは温泉犬「じゅんくん」がお出迎え~
にゃんこも好きだがワンコも好きの道産子ペア、
ここで先ず足止めをくらうハメに(笑)


内湯一つと
ロケーション抜群の渓谷沿いの露天風呂が一つ。。

お湯は鉄分豊富な弱食塩泉で黄褐色の濁り湯、かなり濃い!!
勿論源泉掛け流し(^o^)v


保温力がもの凄く高い湯で、川腹をうろうろ散歩して冷えた身体を暖めるには最適な温泉!!
身に染み渡る実に気持ちいい湯ε=( ̄。 ̄ )


良質な温泉を生かして、
日帰り客は勿論
湯治客からアワビ三昧を求める客まで
幅広いニーズに応える「見市川温泉」
絶対オススメ(^o^)v


良いお湯でした~♪
満足!!

次へ続く。。

♨️見市川の湯

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

朝風呂にはまだ時間あるしし。。
ってことで天気もいいし、ちょこっと風呂の時間まで森林浴でもすっか( ̄ー ̄)

と向かった先は…
見市川の源泉地帯!!


上から見下ろすと、朝日がサンサンと降り注ぐ中、朝もやと湯煙に包まれ
幻想的な光景が広がっていた見市川♪ヽ(´▽`)/

川原の至るところから源泉が噴出していて
地球の行き吹きを感じずにはいられない凄い場所だ( ̄∇ ̄*)ゞ


源泉小屋らしきところからは、川のように高温の源泉が流れ落ち、
見事な噴泉丘なんかも♪

丁度適温の場所を見つけ、森林浴から全身浴へ突入(笑)


先ずは渓流沿いの天然の大露天風呂へ(写真7)
一部どろどろ系だが
浸かってる近辺は、底から源泉がわいているので綺麗な状態だ( ̄▽ ̄)b
その湯温…40度程♪
底が砂地で快適な湯温な上にロケーションも抜群!
こりゃたまらんわ~♪


他にはないかと…
面倒なので真っ裸で探索開始(笑)


火傷レベルの高温で断念した、いい感じの湯だまり…(写真8)


あまりに哀れ過ぎな写真で黒塗りで潰した、
源泉と川が混じり合うV時ポイント(写真9)
も、普通に冷たい川(爆)


底が石で安定感は今一悪いものの、
底のあちこちから源泉が沸いてた川っ縁(写真10)
湯温はオソウシより冷たいが…川よりぬるい(爆)
しかしながら意外と快適な湯?だった(笑)


まだまだ上流や下流なんかにも、アッと驚く場所もありそうな雰囲気の見市川の湯。。
でも15分以上歩くのを医者に止められている←嘘(笑)ので
此処で探索終了。。。


良いお湯でした~♪
満足!!

♨️平田内温泉「熊の湯」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

14日早朝…臼別温泉で謎の物音にビビっちまった小心者の道産子ペア(爆)
再入浴を止め、次なる場所へ移動( ̄0 ̄)/


向かった先は
平田内温泉「熊の湯」


有名な温泉で、観光ガイドにも登場する
渓谷沿いの野天風呂

脱衣小屋、駐車場も完備!5月~10月位までの営業で利用料金は無料(^o^)v


無人の駐車場に車を停め、徒歩で数分。。
あっさり到着(* ̄∇ ̄)ノ

大きな岩がそのまま天然の湯壺になっている熊の湯、脇には平田内川の渓流が流れ木々の緑が美しい。。
紅葉じゃなかったのがちと残念か(^。^;)


しかし相変わらず見事なロケーション!!
ホースから出る川水で
湯温調整ができるのも嬉しい( ̄▽ ̄)b

静寂の森の中、川の背音を聞きながら
しばし湯あみタイムを楽しむのであった( ̄。 ̄)


良いお湯でした~♪
満足!!

次へ続く。。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ