懐古録~道産子おやじの旅切符F

北海道の温泉&美味しいものを探しに出かけた旅の記録(=^ェ^=) 画像及び記事の引用等は許可不要で自由に使ってもらってOK牧場

2013年01月

珈琲館「銀嶺」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

良い湯に浸かれば…
小腹がすくのは何時ものこと(笑)


軽食くらいあるべ( ̄ー ̄)と、ちょいと寄り道♪

JR八雲駅の近くの飲み屋通りの一角に佇む
珈琲館「銀嶺」さんにおじゃま~


昭和の佇まいが、なかなかイカす店内(゜▽゜*)
先客は昔々のお嬢様お二方と、
マスターと相撲話で盛り上がっている常連さん。。
客層も昭和レトロだ(爆)


多分壊れているであろう、テーブル代わりのゲーム機席にドスンと腰掛け
相方は生レスカ、
俺は珈琲と小腹を満たすべくミックスサンドイッチを注文Ψ( ̄∇ ̄)Ψ


生レスカなまら旨っ(≧∇≦)!!
とゴクゴク飲み干す相方…

一口だけとチェリーを残し、
俺が大事に大事に飲んでいた珈琲と入れ替わるのは…何時ものこと(爆)


ちょっとパンが固め。。
トーストにしとけば良かったカモ。。。
小腹を満たし、漫画を読み更けること小一時間

雪が小降りになったのを見計らい、
お店を後にするのでありました。

後から知ったんだけど、パフェがボリュームあって美味しいらしい♪
夜11時まで営業してるので湯上がりにピッタリのサ店かも~♪
再訪確定だな(* ̄ー ̄)


美味しくいただきました~ごちそうさん♪


此処のレスカをがぶ飲みしてみたい…(*´-`)

♨️八雲温泉「おぼこ荘」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

26日…金太郎で鱈腹胃袋に詰め込み、燃料満タン!
一路函館!目指すは西桔梗( ̄0 ̄)/オー


のつもりだったが…
前日の大雪に加え気温も氷点下のまま。。
道路がツルンツルンのアイスバーン状態(滝汗)
更にまたまた雪がワサワサと…( ̄0 ̄;)

残念だが、安全第一がモットー!
ここは無理せず早めに引き返すことに・・・


の前にひとっ風呂~♪
と、こんな道路状況でもお気楽な道産子ペア(笑)

向かった先は八雲の山ん中にある一軒宿
「おぼこ荘」(* ̄∇ ̄)ノ
13時入湯~、湯銭450円

お気に入りの温泉の一つだが、冬が好き♪
露天風呂が、ぬるめの適温なのだ(* ̄ー ̄)


存在感ある巨岩がそびえ立つ内湯に、渓流沿いの解放感のある露天風呂

お湯は鉄分多いすべらかなな湯で、
湯上がりはスベスベツルツル、美人の湯♪
加水ありの源泉掛け流しだ(^o^)v


ちょい熱めの内湯と、
ぬるめの露天風呂をいったり来たりの交互浴。。。
此処も正直終わりがないかも( ̄▽ ̄)=3


良いお湯でした~♪
満足!!


も、、、帰り際、玄関先の階段でスッテンコロリン♪雪掻きをしていた番頭さんに身体を張って
「滑るゾ!キケン!」
を知らせる道産子おやじなのでした…


次へ続く。。

ドライブイン「金太郎」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

たっぷり湯あみの後は飯~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
ちょいと戻り八雲市街地へ

俺の激腹減りっぷりを解消するべく
ドライブイン「金太郎」さんにおじゃま~


此処に来るまで車内では、何を攻めるか作戦会議(笑)結局は何時もの定番!
「おさしみ定食」(1200円)と「チャーハン&ラーメンセット」(1000円)に(爆)


ラーメンは味噌、塩、醤油から選ぶことが出来
今回も塩で。


チャーハンもラーメンも其々1人前あるので
腹いっぱいになることが出来る( ̄▽ ̄)b
チャーハンは1人前を越えてるか(爆)

俺の前にある飯が
刺身定食になったり、チャーハンのみになったり
汁のみのラーメンスープになったりと
テーブルの上でぐるぐると目まぐるしくローテーション(; ̄ー ̄A
手動回転テーブル状態で
瞬く間に完食~♪


何だかんだと腹いっぱい
( ̄▽ ̄)=3


次回は大皿でタプタプの餡が掛かった
あんかけ焼そばにしよ~

隣で頼んだおばちゃんが
「コレ見ただけで食欲無くなった…」
とボソッと言った一言に
笑わせてもらった(笑)


美味しくいただきました~ごちそうさん♪

♨️桜野温泉「熊嶺荘」~温泉

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

男女別の内湯に、
男湯側にしかない露天風呂が一つ。

男女を仕切る壁に開閉式の扉があり、
女性がこの露天風呂に行くには、必然的に男湯を通らなくてはならず
やや難易度の高い作りに…

気にする人は。。って普通気にする(笑)
タオル巻き巻きして露天風呂に向かいましょう( ̄∇ ̄*)ゞ


内湯も男湯の方が広く、
冬場とゆうこともあり湯温はぬるめに。。
この日は39度程…笑える位快適湯温だ(笑)

女湯(写真5)は小さい分だけ湯温もやや高めの41度、女湯は窓が開閉可能になっていて、露天気分で浸かれるそうな♪


お湯は含ホウ酸重曹ー食塩泉。
チョビッと塩っけのあるお湯は、湯華たんまりな源泉掛け流し(^o^)v
成分が濃いのか、堆積物が素敵♪


露天風呂利用出来ません…的な張り紙が張ってあったが、冬場で湯温が低いためでしょうな~
その湯温…28度(笑)
しかしこの湯温、道産子ペアには快適湯温だったりする(* ̄ー ̄)


快晴、無風、雪化粧。。
下には川が流れ、川のせせらぎ音とお湯が静かに流れ落ちる音しかしない
癒しの露天風呂。。
浸かれば天国( ̄∇ ̄*)ゞ

無論、内湯まで僅か数メートルの通路だが…
移動は地獄だ(爆)


そんな露天→内湯といったり来たり…
天国と地獄の無限ループに陥る道産子ペアであった( ̄▽ ̄)=3

良いお湯でした~♪
満足!!

次へ続く。。

♨️桜野温泉「熊嶺荘」~館内

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

26日…道南へいっちゃうか~( ̄0 ̄)/オー
前夜は何時ものように半額待ちの車中泊。。

先ずは朝風呂で解凍~(笑)と降り立った先は長万部温泉郷!

が、、丸金はお風呂掃除中につき、本日11時からと…(通常は朝7時~)
もう一軒覗くも…ドアすら開かん┐(-。ー;)┌


さて困ったゾ。。。
天気もいいし、久しぶりにアソコもいいな( ̄ー ̄)
てことで更に南下!


八雲~森方面へ向かう国道から12キロ程山奥に入った「桜野温泉熊嶺荘」へ
9時半入湯~、湯銭500円


周りに民家は全くない上にこの先通行止め…
冬季間は秘湯とも言っていいかも( ̄∇ ̄*)ゞ

とはいえ鄙びた秘湯…
とゆう感じはなく、
山奥のこ洒落たペンションみたいな雰囲気♪


温泉はぬるめで誰もいないから、ゆっくり浸かってくださいね~( ´∀`)/~~
との女将さんの言葉を頂き無人の浴室へいざ!!

次へ続く。。
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ