懐古録~道産子おやじの旅切符F

北海道の温泉&美味しいものを探しに出かけた旅の記録(=^ェ^=) 画像及び記事の引用等は許可不要で自由に使ってもらってOK牧場

2017年12月

カフェ-スマイルキッチン~喫茶「乃ざき」

2017/12/16土

蟠渓温泉からオロフレ峠を越え再び虎杖浜へ( ̄0 ̄)/
職場の女子から白老行くなら様子みてきて~♪案内ハガキを預り向かった先はカフェ-スマイルキッチン

イメージ 1


旧竹浦中学校跡地に建てられた化粧品の工場みたいで工場裏口から潜入、、わかりにくいw

二階に化粧品売場、一階がカフェブースになっている。。にしてもこんな場所でカフェ、、温泉でゆうなら秘湯がありそうな場所(笑)

イメージ 2



さらにこんな場所にありながら(しつこいw)なんまらオシャレ~~

イメージ 3


写真は一部で反対側にも席がたくさん!
お客さんは幸せオーラいっぱいの家族や女子ばかりで。。正直場違い感たっぷり(爆)

オススメのビューティードリンク?とオーガニックオレンジ、シフォンケーキを頼みしばしゆったり

イメージ 4


なんてゆうか。。健康的なお味であった(笑)

トイレにおいてあるアメニティが凄い

イメージ 5


場違い感もあるが、美味しいしとっても居心地がいいのでまた来ようっと♪

今はまだ仮オープンみたいなスタイルで将来的にはグランドも整備して公園になるもよう

イメージ 6



晩ご飯は幌別にあるお気に入りの喫茶「乃ざき」さんで♪

イメージ 10



チキンカツスパ

イメージ 7



一度食べたらクセになる味
しょうがの効いたジンジャーカレー

イメージ 8



食後にコーヒーをもらい漫画を読みながらしばしまったりε=( ̄。 ̄ )

イメージ 9


店内もメニューも代わらんが、いつの間にか渋いマスターから若夫婦が店を切り盛り、頑張って欲しいね~
食べて応援( ̄▽ ̄)b

美味しくいただきました~
ごちそうさん♪


北海道には美味しい食べ物がいっぱい♪
皆さんの一票を明日の胃力に!ポチっと応援よろしくお願いいたします

[https://gourmet.blogmura.com/hokkaidogourmet/ranking.html 北海道食べ歩きブログランキング]

次へつづくー

♨️蟠渓温泉-湯人家

2017/12/16土

お昼ご飯にやってきたのは、蟠渓温泉-湯人家

イメージ 1


11時半入湯~湯銭500円

大型ホテルが建ち並ぶ北湯沢温泉が超有名な地域なんだが、俺的には哀愁漂うこっちの温泉郷かな~

日帰り入浴は勿論、レストランも完備で食事をすることもOKの湯人家( ̄▽ ̄)b
お得な入浴&食事セットプランなんてのもある

先ずは風呂♪

イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



内湯と

イメージ 5



イメージ 6



露天風呂

イメージ 7



お湯は石膏-食塩泉。
高温の源泉ゆえ加水して掛け流し(^o^)v

眼下に流れる長流川の背音と顔にあたるヒンヤリした空気を感じながら浸かる露天が最高~

イメージ 8



ゆっくり温まったところで飯~米~

イメージ 9



イメージ 10



俺はがっつり系のカツ丼(900円)
肉厚だが柔らかくて良い肉だな~♪
何気に一品ついてるのも嬉しい、ハイパー旨し!

イメージ 11



相方は、宿の晩ご飯を凝縮した一品、きまぐれ定食(1500円)

イメージ 12


料理は日によって違うんだろうが、この日は身厚のカレイ煮付け♪
既製品とかはなく、どれも手作りの優しい味でなまら旨し!

温泉宿で昼ご飯ってのもいいな~♪
他もいろいろ探って来ようっと( ̄ー ̄)

良いお湯でした~♪
満足!!

お得な麻雀プランなるものを発見!!
只今絶賛面子募集中ですww
強い人はご遠慮ください(笑)

イメージ 13



名湯秘湯日本全国には見知らぬ素晴らしい温泉がいっぱい♪
皆さんの一票を明日の胃力に!ポチっと応援よろしくお願いいたします(^^ゞ

[https://travel.blogmura.com/gensen/ranking.html 源泉掛け流し温泉ブログランキング]

次へつづくー

♨️虎杖浜温泉ホテル

2017/12/16土

今年4月にリニューアルオープンした虎杖浜温泉ホテルへ

イメージ 1


朝6時入湯~湯銭600円

経営者が代わったようで暫く閉鎖されてたホテルも同時オープン
それに伴い日帰り受付はホテル側に変更

日帰り入浴時間も大幅に伸び、朝6時~深夜23時までとなったのは車泊組にも旅人にもとっても便利( ̄▽ ̄)b

温泉棟は壁紙が一部張り替えられ綺麗になってた位で以前とほぼ同じ

イメージ 2



ひろく昭和な休憩スペースもそのまま

イメージ 3



嬉しいことに別料金で朝バイキングと夜バイキングも食べれちゃう♪
虎杖浜って朝バイキング楽しめる宿多いね~

イメージ 4



浴室入口

イメージ 5



脱衣場

イメージ 6



内湯、ブクブク付きの岩風呂

イメージ 7



高中低温湯、お好みの湯船へ
お湯は虎杖浜らしい弱食塩泉で勿論源泉掛け流し(^o^)v

イメージ 8



昔ながらの洗い湯もそのまま、この湯が一番素晴らしい浴感♪上がり湯に

イメージ 9



露天風呂は屋根付き塀つきながら悪天候にも強いタイプで解放感はなくとも問題なし

イメージ 10



白老虎杖浜エリアで唯一プールを併設している虎杖浜温泉ホテル

イメージ 11


浴室から直接行けるのも楽でいいね~(要水着着用)

そしてこのプール、3本の源泉と豊富な湯量を生かし道内でも数少ない温泉プール( ̄▽ ̄)b加水殺菌ありだが掛け流し、、だと思う

イメージ 12


端の滑り台つきの浅湯はぬる湯仕様で湯口付近は適温になっていて快適♪

イメージ 13



せっかく来たなら全てを存分に楽しみたい!水着持参でレッツゴーヽ( ̄▽ ̄)ノ

あまり宣伝していないのか朝はガラガラの虎杖浜温泉ホテル
静かでオススメな時間帯です

良いお湯でした~♪
満足!!


朝ご飯は室蘭のお気に入りのサ店で

イメージ 14



ナポリタンとサンドウイッチを

イメージ 15



名湯秘湯日本全国には見知らぬ素晴らしい温泉がいっぱい♪
皆さんの一票を明日の胃力に!ポチっと応援よろしくお願いいたします(^^ゞ

[https://travel.blogmura.com/gensen/ranking.html 源泉掛け流し温泉ブログランキング]

次へつづくー

♨️大雪山白金観光ホテル~その2

2017/12/09土

白金観光ホテルの一番の魅力は、なんといっても良質な温泉♪

イメージ 17



日中は宴会場を畳敷きの日帰り休憩スペースとして解放してるようだ

イメージ 18



イメージ 19



浴室入口付近の待合スペース

イメージ 20



お風呂は広さの違う二つの浴場があり、深夜0時で男女入れ替え朝9時半まで夜通し入浴OK( ̄▽ ̄)b

イメージ 21



先ずはやや狭い方から

イメージ 12



内湯

イメージ 13



イメージ 14



露天風呂

イメージ 15



半分ほどで仕切られ片側は外気で湯温低下につき利用不可。。とは普通の肌の人の話で、ぬる湯ファンには極上の湯温となり利用不可どころかメインの浴槽に(笑)35度位で仕切り付近は38度位。片側は42度位と適温

イメージ 16


いやはや極楽スギルわ。。(*´ー`*)

夜中までどっぷり温泉を堪能し、お腹ペコペコ朝ご飯~♪

イメージ 1



朝はバイキングスタイル

イメージ 2



美瑛らしい、これ!といったもんはないが普通に美味い朝ご飯♪

イメージ 3



食後もギリギリまで温泉を堪能、朝は広い方の浴室

イメージ 4



アメニティも一通り使うのが流儀w

イメージ 5



湯煙もうもうの内湯

イメージ 6



高温と中温にわかれ、かなりの人数が入れそう

イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



露天風呂は夜浸かった方がいいかな

イメージ 10



こちらも片側は人肌で極楽湯温w

イメージ 11



お湯は保温効果の高い塩化土類-芒硝泉で勿論源泉掛け流し(^o^)v

日帰り入浴は千円と高めながら、泊まりなら両方の湯をたっぷり堪能でき、ご飯もバイキングでたっぷり堪能ww

この内容で六千円なら大満足!!
また来たい( ̄▽ ̄)b


名湯秘湯日本全国には見知らぬ素晴らしい温泉がいっぱい♪
皆さんの一票を明日の胃力に!ポチっと応援よろしくお願いいたします(^^ゞ

[https://travel.blogmura.com/gensen/ranking.html 源泉掛け流し温泉ブログランキング]

♨️大雪山白金観光ホテル~その1

2017/12/09土

週末は道内大荒れ注意報( ̄0 ̄;
とかゆう天気予想につきおとなしくしてることに、、が、朝起きると比較的穏やかな感じ。。ま、予想だからこんなもん

ならどっか行こうか~♪
いつも見ている宿泊サイトを覗くと二食付きで6000円とゆう格安プラン発見( ̄ー ̄)即ポチっと予約

向かったのは大雪山の麓、白金温泉郷

イメージ 1



滝川~富良野~美瑛経由で来たんだが、白金温泉ってなんか遠い~しかも途中ツルスベ路面で疲れた(ヒヤ汗)
温泉のツルスベは歓迎だが路面は勘弁

そんなこんなでたどり着いた今宵の宿は、老舗の白金観光ホテル

イメージ 2


日帰り入浴で一度来たことあり、一度泊まってみたいな~と思ってた宿。
さてさて、どんなものかな~♪

ロビーは昭和風な香りも漂い良い感じ

イメージ 3


フロントでチェックインをし鍵を受けとり。。って係の人が部屋まで案内してくれビックリ!お荷物持ちますか?といわれても戦湯カゴ一つじゃ、、丁重にご遠慮w


くたびれた外観とは裏腹に宿泊棟は綺麗

イメージ 4



案内された部屋は別館、部屋番号は901になってはいるが何故か三階。
最上階のコーナースイートといったとこだね~(笑)と係の人に問いかけも。。新人さんだったのか苦笑いで終わり(爆)

イメージ 5



景色はこんな感じ、晴れてたらもっとよさそう

イメージ 6



部屋は8畳間でバストイレ付き

イメージ 7



先ずはこれ!銀色に輝くやつ♪

イメージ 8



ひとっ風呂浴びて夜ご飯~
一階のレストランが夕食会場なんだが、、ジュウジュウ陶板焼やら貝やらを焼いてる周りの人に比べ明らかに貧相、しかも入口付近でいかにも目立つ席(爆)

イメージ 9



お隣の牛肉柔らかく美味しいからあまり焼かないで食べようね~♪
なんて話はこっちには関係なく、しっかり火を通さねば腹壊すメインの豚鍋(爆)

イメージ 10



基本膳のみの晩御飯だがセルフサービスのご飯のおかずには十分!
当日チェックイン後に単品料理の追加もできるので、基本膳+数種類頼んでシェアするのもいいかもね~

イメージ 11



部屋にもどると布団が

イメージ 12



期間限定でライトアップしている青い池まで無料送迎してくれるってんで参加

イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15



イメージ 16



イメージ 17



寒いけど幻想的だったな~♪

帰りはホテル近くの白髭の滝で降ろしてもらいちょっとだけ観光

イメージ 18



イメージ 19



ホテルに戻り冷えた身体を温泉で~
最高!!

イメージ 20


名湯秘湯日本全国には見知らぬ素晴らしい温泉がいっぱい♪
皆さんの一票を明日の胃力に!ポチっと応援よろしくお願いいたします(^^ゞ

[https://travel.blogmura.com/gensen/ranking.html 源泉掛け流し温泉ブログランキング]

その2へつづくー
記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ